腸サポートでいきいき生活 ~腸は第二の脳~

近年、空前の腸ブームが巻き起こっています。
皆さんも、腸活や、腸トレ、腸内フローラなどという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
腸には多くの血管や神経が集中し、さらに「考える器官」とも言われます。
体にいいものと悪いものを記憶できるなど、腸と脳の類似性が解明されるにつれ、ますます腸の大切さに注目が集まっているのです。
言われてみれば、脳と腸って、形状もよく似ている感じがしますよね。

例えば、重要な会議やプレゼンテーションの前など、脳がストレスを感じると、人によっては、お腹が痛くなったり、トイレが近くなったり、逆にひどい便秘になったりします。
これは、脳と腸が、自律神経やホルモンなどの情報伝達物質を通して、密接に関係しあっていることを意味します。
上記のような症状(過敏性腸症候群)が続くと、うつ症状などがあらわれることもあります。
一方、腸が、「セロトニン」という、幸せホルモンの95%を作り出しているという研究結果も出ています。
腸がうまく機能していないと、幸せホルモンも減少してしまうということです。
うつ病と腸の状態に、相関性があるというのもうなずけますね。
長引くうつ病で悩まれている方は、視点を少し変えてみて、腸内環境から整えるのも、1つの解決策になるかもしれません。

人間の器官の中でも、特に初期に形成された腸は、生命力の源でもあります。
なぜなら皆、生まれる前は、へその緒でお母さんとつながっていて、そこから栄養をもらうことで生命を維持していたからです。
腸はそのことを記憶しており、生命力や自然治癒力と直結しているのです。
元気さをキープするためにも、日ごろから、腸が固くならないように、運動などでほぐしておきましょう。
ひどくつかれた時など、おへそのあたりを手でぐっと押しこむと、自然治癒力が作用し、気力が早く回復しますよ。
また、おへそ押しは血圧の高い方にも有効です。
腸、とくにおへそ周辺には、たくさんの血管が集まっているため、そこを刺激したりほぐすことで血流がよくなるからです。
この場合は、心臓の鼓動を手助けするイメージで、リズミカルに、ポンピングするのがいいでしょう。
血流がスムーズになれば、体温もあがり、さらに自然治癒力がアップするという、良い循環ができあがります。

では、腸内環境の要となる、腸内フローラについて少し見ていきましょう。
私たちの腸の長さは約10mもあり、それを広げると、テニスコート約1面分にもなります。
そこに今話題の、腸内細菌、つまり腸内フローラも生息しています。
フローラとはお花畑を意味し、細菌類が作る集落があざやかで美しいため、そのような名前がついているそうです。
腸内フローラは大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類で構成されています。腸内では、この腸内細菌どうしが、常に縄張り合戦を繰り広げており、新たに侵入してきた菌に対しては、腸内フローラを形成している細菌類がさかんに攻撃し、病原菌などを排除してくれます。
その理想的なバランスは、善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割とのこと。
善玉菌10割がベストなわけではなく、まるで世間の、善人・悪人・普通の人、の割合のようで面白いですね。

さて、腸内フローラを改善するには、やはり善玉菌がポイントであり、善玉菌を含む食品を食べる、善玉菌を増やす働きをする成分を摂取するなどの方法があります。

善玉菌そのものを含む食品としては、
ヨーグルト・チーズ・キムチ・ぬか漬け・納豆
などの発酵食品が代表的です。

また善玉菌を増やす働きをする食品、つまり善玉菌のエネルギー源となる食品には、
玉ねぎ・ゴボウ・しいたけ・海藻類・バナナ・牛乳・はちみつ、
などがあります。

意識的に摂取するように心がけたいですね。

日常的には、しっかり睡眠時間を確保したり、半身浴でリラックスするなど、ストレスを溜めない工夫をすることも、腸内環境にとって大切です。
腸を内側からも外側からもサポートして、心身ともに健康で、いきいきした生活を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です