腸サポートでいきいき生活 ~腸は第二の脳~

近年、空前の腸ブームが巻き起こっています。
皆さんも、腸活や、腸トレ、腸内フローラなどという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
腸には多くの血管や神経が集中し、さらに「考える器官」とも言われます。
体にいいものと悪いものを記憶できるなど、腸と脳の類似性が解明されるにつれ、ますます腸の大切さに注目が集まっているのです。
言われてみれば、脳と腸って、形状もよく似ている感じがしますよね。

例えば、重要な会議やプレゼンテーションの前など、脳がストレスを感じると、人によっては、お腹が痛くなったり、トイレが近くなったり、逆にひどい便秘になったりします。
これは、脳と腸が、自律神経やホルモンなどの情報伝達物質を通して、密接に関係しあっていることを意味します。
上記のような症状(過敏性腸症候群)が続くと、うつ症状などがあらわれることもあります。
一方、腸が、「セロトニン」という、幸せホルモンの95%を作り出しているという研究結果も出ています。
腸がうまく機能していないと、幸せホルモンも減少してしまうということです。
うつ病と腸の状態に、相関性があるというのもうなずけますね。
長引くうつ病で悩まれている方は、視点を少し変えてみて、腸内環境から整えるのも、1つの解決策になるかもしれません。

人間の器官の中でも、特に初期に形成された腸は、生命力の源でもあります。
なぜなら皆、生まれる前は、へその緒でお母さんとつながっていて、そこから栄養をもらうことで生命を維持していたからです。
腸はそのことを記憶しており、生命力や自然治癒力と直結しているのです。
元気さをキープするためにも、日ごろから、腸が固くならないように、運動などでほぐしておきましょう。
ひどくつかれた時など、おへそのあたりを手でぐっと押しこむと、自然治癒力が作用し、気力が早く回復しますよ。
また、おへそ押しは血圧の高い方にも有効です。
腸、とくにおへそ周辺には、たくさんの血管が集まっているため、そこを刺激したりほぐすことで血流がよくなるからです。
この場合は、心臓の鼓動を手助けするイメージで、リズミカルに、ポンピングするのがいいでしょう。
血流がスムーズになれば、体温もあがり、さらに自然治癒力がアップするという、良い循環ができあがります。

では、腸内環境の要となる、腸内フローラについて少し見ていきましょう。
私たちの腸の長さは約10mもあり、それを広げると、テニスコート約1面分にもなります。
そこに今話題の、腸内細菌、つまり腸内フローラも生息しています。
フローラとはお花畑を意味し、細菌類が作る集落があざやかで美しいため、そのような名前がついているそうです。
腸内フローラは大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類で構成されています。腸内では、この腸内細菌どうしが、常に縄張り合戦を繰り広げており、新たに侵入してきた菌に対しては、腸内フローラを形成している細菌類がさかんに攻撃し、病原菌などを排除してくれます。
その理想的なバランスは、善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割とのこと。
善玉菌10割がベストなわけではなく、まるで世間の、善人・悪人・普通の人、の割合のようで面白いですね。

さて、腸内フローラを改善するには、やはり善玉菌がポイントであり、善玉菌を含む食品を食べる、善玉菌を増やす働きをする成分を摂取するなどの方法があります。

善玉菌そのものを含む食品としては、
ヨーグルト・チーズ・キムチ・ぬか漬け・納豆
などの発酵食品が代表的です。

また善玉菌を増やす働きをする食品、つまり善玉菌のエネルギー源となる食品には、
玉ねぎ・ゴボウ・しいたけ・海藻類・バナナ・牛乳・はちみつ、
などがあります。

意識的に摂取するように心がけたいですね。

日常的には、しっかり睡眠時間を確保したり、半身浴でリラックスするなど、ストレスを溜めない工夫をすることも、腸内環境にとって大切です。
腸を内側からも外側からもサポートして、心身ともに健康で、いきいきした生活を手に入れましょう。

記憶力を高めるには

~脳には無限の可能性がある~
人間の一生を通じて、脳は本来の5パーセントも使われないため、無限の可能性を秘めています。
勉強しているうちに、脳が疲れたと感じることがあるかもしれませんが、実際には目や体の疲れであることがほとんどです。
私たちの脳のエネルギーは、そんな小さいものではありませんから。
もし勉強に疲れたと感じるときは、姿勢を変えてみたり、目で見る勉強から聞く勉強に変えてみたり、歩きながらの暗記に変えてみたりすることが有効です。
(ただし怪我にはじゅうぶん注意してくださいね。)

以下でさらに、脳の効率的な使い方を考えてみましょう。

~記憶を定着させるのは睡眠~
記憶というのは、睡眠中に整理され定着すると言われています。
無限のパワーをもつ脳は、睡眠中も働き続けているのです。
この定着効果を発揮させるには、6時間ほどの睡眠が最も適しているそうです。
たとえ忙しくても、しっかり暗記をしたい時には、睡眠時間は確保するようにしましょう。
ただし、せっかく定着させた記憶も、1か月放置すれば完全に失われるようですので、1か月には復習されることをおすすめします。
余裕があれば、24時間以内に一度復習をして、次は1か月後に復習するようにすれば万全です。

~インプットした情報は抵触させない~
暗記をしてから、テレビなどを見たり、別の科目を勉強したりすると、上から他の情報が入ってしまいますので、記憶力の低下につながります。
例えば、フランス語と英語を同時に習得しようとすると、効率が悪くなってしまうのは容易に想像できますよね。
重要なことは、できるだけ他の情報が入らないタイミング、つまり寝る直前にインプットするのが効果的でしょう。

~脳を活性化させる~
脳を活性化させるためには、神経が集中している手や口を動かすのがおすすめです。
皆さんも、頭の中で考えるより、タイピングしながらの方が、文章がすらすらと思いついたりすることがあるのではないでしょうか?
またガムを噛んだり、音読したり、メモを取ったり、テキストに線を引いたり書き込んだりするのも、実は手や口を動かしているので、効果的な記憶法なのです。

~頭をクールダウンさせる~
パソコンなどが使い続けると熱を持ってしまうように、頭にも同じことが言えます。
うまく血液が循環しなくなり、頭に血がのぼってしまうのです。
頭に血がのぼった状態では、正しい判断ができませんよね。
それをクールダウンさせる方法がいくつかあるのでご紹介しましょう。
1) まずは定番のストレッチ。首や肩や関節をほぐします。
2) 第二の脳と言われる腸に刺激をあたえます。こぶしで叩いてもよいですし、すりこぎか何かで押さえてもいいです。お腹に力を入れて、出したりひっこめたりする方法もあります。
3) お腹にしっかり力をいれた状態で、軽く頭を振ります。頭から余分な力が抜けていく感じがするでしょう
4) 頭を指先で、トントン叩く。布団を叩いてほこりを出すようなイメージです。実際に余計な熱が放出されていきます。
クールダウンさせた脳が、スムーズに動くことをぜひ実感してみて下さいね。

~感情と記憶をリンクさせる~
トラウマなどという言葉があるように、感情的な記憶は、消したくても消せないほど残ってしまうことがあります。
例えばテキストを読むとき、淡々と読む代わりに、あえて笑顔や泣き顔を作ってみたり、少しでも感情をこめて音読するようにすれば、記憶の定着率は、ずいぶん違うでしょう。

以上、運転にマニュアルがあるように、脳の扱い方にも技術があることを知って頂けたでしょうか。
無限の可能性がある脳を、上手に使って、記憶力を高めていって下さいね。

子供のやる気を出させるには ~好奇心を育てるプロ~

子供は本来、好奇心旺盛なもの。
知らないことを知りたい、理解したいと思う気持ちは大人以上かもしれませんね。
けれど中には、勉強嫌いのお子様も、たくさんいらっしゃることでしょう。
そしてたくさんのご両親が、それで悩んでいます。
ここでは、どうして子供の好奇心が、勉強については失われてしまうのか考えてみようと思います。

まず最初に考えられるのが、学校教育や塾においては、結果を出さないと認められないということです。
それが原因で、いつしかプロセス自体まで億劫になってしまうかもしれません。
大人になるとつい結果重視になりがちですが、本来子供は、プロセスを楽しむものです。
何かを知っていく、そのためにトライすることが楽しいのですね。

例えば私は、ハイキングが趣味なのですが、もし山登りなど、頂上に行くことだけが目的だったら、どう感じるでしょうか。
天候や体調など、何かの事情で、途中で引き返した場合、結果が出せずそこまでの準備や努力がすべて無駄だったということになってしまいます。
けれども、山登りの本当の楽しさは、歩きながら自然とふれあったり、きれいな景色をみたり、いい空気を吸ったり、お弁当を食べたり、人と話したり、そういう道中にこそつまっているのではないでしょうか。

それが、頂上到達だけを目的にすると、景色を見る余裕もなく、無理なスピードアップを目指したり、人を押しのけたり、楽しみどころか苦痛になりますよね。
また、ここまでして頂上に着けなかったらどうしよう、というプレッシャーもかかります。
ましてや苦痛なことのために、いちいち準備や早起きすることを楽しめるでしょうか?

これが、一部のお子様にとっての勉強だと思います。
お子様も最初は、新しいことを習ったり、問題を解いたりすることにわくわくしていたかもしれません。
けれども、勉強したところがテストに出なかった、緊張してうまく思い出せなかった、わかっていたのに時間が足りなかった、覚え間違えていたなどでテストの点数が低かった。
学校という場では仕方のないことですが、やはり勉強をさほどしていなくてもテストの点数のよい子供が評価されます。

点数の悪かった子は、おそらく学校でも家でも、もっとがんばりなさい、と言われます。
するとお子様の中で、今まで「知りたい」「解きたい」という、プロセスのわくわくに対してフォーカスされていたものが、結果へのフォーカスになってしまいます。
残念ながら、周りの人は、結果しか見ないと言うことがわかるからです。
するとテストの点数をあげるにはどうすればいいか?という、勉強法になっていきます。
動機は、評価されたいから、馬鹿にされたくないから、などです。
もちろん成績アップも大事なことですが、勉強嫌いにはなってほしくないですよね。

そこでおすすめするのが、お子様と勉強のプロセスを共にできる、家庭教師です。
家庭教師は、好奇心を育てるプロのようなもので、勉強のプロセスの楽しみ方を教えてくれます。
高得点だけを狙ったやみくもな勉強ではなく、意味のある勉強をすることができます。
お子様が勉強するプロセスを共にしている家庭教師は、たまたま結果がでなくても、原因を理解し、励ましてあげることができるでしょう。
そうすれば、プロセス自体に嫌気がさすことも少ないでしょう。
これは大人でも同じことですが、1人でも自分のがんばりを理解してくれている人がいれば、心の支えになりますよね。
お子様に、相性のあう家庭教師を探してみられてはいかがでしょうか?

子供の話を聞いてあげることの大切さ ~傾聴のススメ~

忙しい毎日、お子様の話を聞いてあげる余裕がなくなっていませんか?
お料理の途中だったり、お子様と話のペースが合わないからと言って、ついせかしたり結論を先取りしたりしてしまうことはないでしょうか。
そのくせ、勉強に関する話だったら、しつこいほど聞こうとしたり。

実はそのようなことが、お子様を深いところで孤独にしたり、自信を失わせたり、家庭外での言葉のコミュニケーションまで苦手にしてしまう場合があります。

自分の話はつまらないんだ。
自分が話すと相手を怒らせてしまうかもしれない。
自分は話すのが下手なんだ。
勉強ができないと、誰も興味をもってくれないんだ。
自分は相手にとって重要な人ではないんだ。

小さなことでも積み重なれば、このような思い込みができあがってしまうかもしれません。
そして、いったんできあがった思い込みを取り除くのは容易ではありません。
こんなマイナスの思い込みを抱えていては、お子様の将来を左右してしまいますよね。

そもそも、お子様は何か目的があって話したいわけではなく、ただ会話によるコミュニケーションを取りたいだけなのかもしれません。
そんな時に、「何が言いたいの?はっきり言いなさい」「忙しいから結論から話しなさい」などと言われてしまっては、話す理由もなくなってしまいます。

これは知り合いのお母様から聞いた話なのですが、家事をしていたら下の子が邪魔ばかりするのでいつも叱っていました。
でもあるときふと思いたって、「どうしてそんなことをするのかな?」と、よくよく時間をかけて話を聞いてみたら、お母さんが普段よく疲れた疲れたというのを聞いていて、お手伝いをしたかったというのです。
これには本当にショックだったと。
結果だけを見て話を聞かないでいたら、危うく子供の優しい心の芽をつんでしまうところでした、とおっしゃっていました。
その後は、お子様ができることを手伝ってもらうようにして、お互いが暖かい気持ちになれたそうです。

皆さんも子供のころに、同じようにご両親に理解してもらえなかった悲しい経験があるのではないでしょうか。
私もそれで、自分は価値がない人間なんだと思ってしまった一人です。
両親に認めてもらうために、一生懸命勉強をし、成績も上がりました。
けれど、あるがままの自分を認められたわけではないので、心は幸せではなくいつも自信がありませんでした。
ただ両親は、やることがいっぱいあって時間が惜しかっただけなのに。
大人になって頭ではそう理解できても、子供のころに染みついてしまった根深いマイナスの思い込みから抜け出すのには、数十年かかりました。
いえ、まだまだ現在進行中かもしれません。

ただ、現代社会のシステム上、ご両親が何かと忙しいのも事実です。
そんな時、子供の勉強に関することだけでも、プロの家庭教師さんなどに任せてみてはいかがでしょうか。
もちろん学校や塾の先生に頼ってもいいのですが、この場合はやはり、1対1でじっくりコミュニケーションをとることのできる、家庭教師さんがおすすめです。
お子様も、ご自宅なら、クラスメイトや周りの人に見栄をはることもなく、自然体で勉強の話ができることでしょう。
家庭教師さんには大学生も多いので、年が近い先生の方が、素直に話しやすいこともあるかもしれません。
このように子供が思う存分、勉強の話をできる環境を別でつくっておき、そしてご両親は空いた時間で、勉強以外の話をよく聞いてあげる。
そうすることでご両親の心にもゆとりが生まれますし、お子様の学習意欲にもつながるでしょう。
何より、ご両親に話したいことを話してよく聞いてもらえるようになると、お子様の自尊心が満たされるのではないかなと思います。